転職活動では書類選考も面接も重要

全身全霊で取り組むことが大切

 転職活動で、最終的な採否を決定づけるのは面接です。そのため、面接を受ける際に手を抜いてしまう人はほとんどいません。しかし、面接の前に行われる書類選考が重要だということを忘れてしまう人がいます。書類選考というのは、単に書類を提出するだけの工程ではありません。書類の内容が評価された人だけが、面接を受けるチャンスを与えられるのです。最初から全身全霊で取り組まなければなりません。

 

魅力的な書類を作成する

 企業に応募する際は、履歴書と職務経歴書を提出するのが一般的です。履歴書には、志望動機を記入する欄がありますが、志望動機は非常に重要な意味を持っています。ありきたりな志望動機を記入している人も多いですが、それでは採用担当者に自分のことを印象づけることができず、結果として面接にも呼んでもらえなくなってしまいます。魅力的な書類を作成する努力が不可欠です。

 

応募書類の添削を受ける

 履歴書を作成すること自体は誰にでもできることです。しかし、魅力的な履歴書を作成するのは困難です。就職や転職を支援している施設に行くと、応募書類の添削を受けることができます。きちんと添削を受けて、修正するべき点を教わることが大切です。何度も修正を繰り返していくことで、評価につながる応募書類が完成します。