転職活動中によく聞かれる質問とは

他に何社受けていますか?

 ある一定のスキル以上を要する仕事や、特殊な仕事では、転職基準を探るために、他にどういう会社を受けているのかを探ることもあります。たとえば、WEB業界への転職活動中の面接で、他には飲食店と製造業に応募しています。なんて回答をしたら、採用担当者には「?」と思われておしまいになります。転職先の応募業界の軸がぶれているので、この人は、転職できたら何でもいいのか?と思われてしまうからです。

 

 極端な例となりましたが、WEB業界ならWEB業界だけに絞って転職活動することで、他社にも応募していても、印象が悪くなることはありません。この仕事で頑張って行きたいという軸があるからです。転職先の応募する業界がばらばらだと、浮ついた態度にも見えるので、腰を据えて仕事をするような勤務態度にはることは、ないであろう、と推測もされる可能性もあるので、他社応募を聞かれる場合にも備えて、今一度、自分の転職活動のポイントを振り返ってから、転職活動をすることが望ましいでしょう。

 

 

他社への応募に関する質問の回答例

 転職活動において、面接中の一社のみである、という姿勢が応募先企業へ熱意があると、必ずしも捉えられるわけではありません。もしも、本当に一社のみであるのならば、採用担当者が聞いて納得できる回答を前もって用意していくべきです。そもそも、何故自分が、その会社に応募したのか、本気の熱意の元で一社のみに絞って応募したのであれば、例えば、企業理念に感銘を受けているのであれば、その詳細を自分の仕事の信念に照らし合わせて話す、ということで熱意が伝わる可能性もあります。

 

 一社のみの応募が不自然であると受け止められる理由は、転職活動中の求職者は、多くの場合、応募を同時進行で行うことが一般的だからです。一社ずつ応募する人も、もちろんいます。それが本当であるならば、正直に熱意を伝えることで、志望理由が明確に伝わり、面接官の心にも響いてくるでしょう。

 

 複数同時応募であれば、目の前にいる面接官の会社が第一志望である姿勢を伝えることが大切です。自分のスキルを活かせる業界に応募していますが、という始まりから、その会社にしかない魅力を伝え、自分が役に立ちたいと思っているからということを、この流れを自分なりの言葉で説明することが大切です。