転職者にもっとも必要なのは「笑顔」であるということ

 転職活動をしているとついつい、必死になるあまり「笑顔」を忘れてしまいがちです。しかし、面接の場では笑顔が必須ですし、表情というのはその人の経歴の印象をも変えてしまうものです。

 

 たとえば、今までの経歴が素晴らしく、学生時代から色々な経験をしていたり、取るのが難しい資格を持っていたとしても、笑顔がまったくないとなると「コミュニケーション力に問題あり」とされてしまいます。

 

 自分の経歴に自信がある方は笑顔を忘れがちなのですが、やはり笑顔を通して伝わる情報というのは想像以上に大きいものなので、面接の際は必ず、笑顔を絶やさないようにしましょう。

 

 転職活動が長くなってくると、不安に陥ったり、心配が募ったりして笑顔を作る余裕すらなくなってしまいがちではあるのですが、そこであえて頑張って口角を上げてみるといったことができる人は、どこに行っても一目置かれます。

 

 逆に笑顔がない人というのはバカにされがちですし、自慢になるような経歴がないことよりもずっと、コミュニケーション力がないことの方がマイナスな印象に繋がるので、とにかく人事の人には笑顔を振りまくようにしましょう。

 

 笑顔を絶やさない人は誰からでも好かれますし、逆に笑顔がない人は何もしていなくても「雰囲気が暗いから」といった理由だけで疎まれてしまいがちです。

 

【関連情報】
中高年の求人について
中高年の求人について悩んでいる方必見!

 

就活・仕事 :ビジネスリーダー :日本経済新聞

 

 笑顔を作るのが苦手な方も多いかもしれませんが、笑顔とはすなわち「人間力」のことなので、人間力を侮らないようにしてみてください。絶対に受からない、と思っていた企業の面接も、笑顔を絶やさないことによって受かってしまうこともあるので、覚えておきましょう。