今後の成長をにらんで転職を

 賛否両論はあるもののアベノミクスによる経済活性化により、長年のデフレ体質が徐々に改善されるようになってきました。最近のニュースでは久しぶりに求人倍率が1倍となるなど、今後の日本経済は確実に上向きになっていると思います。2000年代は転職するにしてもとても難しい時期だったかと思いますが、その問題もようやく解消され、転職者が転職しやすい環境も整ってきています。

 

 そこで、今後転職を考えている皆様は、将来的な成長分野に身を投じてみるというのも素晴らしいかと思います。

 

 様々な分野で成長が期待されているわけですが、わかりやすい例として日本製具肝いりの東京カジノ構想を例に挙げてみます。

 

 これは以前より議論されていた政策ではありますが、2020年東京オリンピックが決定したこともあり、いよいよ事業化に向けて現実味が帯びてきました。

 

 東京にカジノが完成すると世界2位の売り上げになるのではないかという試算もされており、そこに関与する企業にとってはまたとないビッグチャンスとなります。

 

 サプライヤーやインフラ、宿泊施設などの関連会社が出てくるかと思いますが、特に恩恵を受けるのが日本政府とタッグを組んで運営することになるであろう運営会社です。ここでは具体的な企業名は避けますが、恐らくパチンコパチスロ会社であろうと言われており、その中でも実際に具体的な企業名まで上がっている状態です。(調べれば簡単に見つかると思います)

 

 ディーラーになるのかホールスタッフになるのか、それとも社内で企画や営業をするのかは個人の適性から選んでほしいと思うのですが、恐らく100l成長が見込まれる企業・政策ですので、今後自分がどうしていいのか判らないといった方などは、日本が更に飛躍を遂げるきっかけになるt思われるカジノ事業を傍らで体感することも貴重な経験かも知れません。