30歳からの転職

30歳での転職は若さが武器

 日本の転職において最も武器になるものの1つは、若さです。これは、40代・50代など中高年になってから再就職の活動をしてみると、痛いほどよく理解できると言われていますが、実際転職サイトに掲載されている求人の多くが年齢制限を30代までとしているところが多くみられます。

 

 そのため、まだ30代の方で「転職したいけれど、自分でもできるのかな...」と不安に感じている方は、できるだけ早く動き始めることが重要です。実のところ30代の中であっても、転職の有利不利には差があり、若ければ若いほど有利な評価が与えられることが一般的です。

 

 ですから、漠然と時間だけが過ぎるような日々を送っていると、ドンドン転職に不利になってしまし自身の希望する企業や仕事に就くことが難しくなってしまいます。

 

 ただし、いくら30代だからと言って若さだけを武器に転職活動を始めたとしても、若さだけであればその他の新卒者や既卒者などに負けてしまうことがほとんどです。では、一体どうすればよいのか?と言うと、若さ+αを身に付けることが必要となります。

 

 +αには、様々なものが当てはまります。例えば、希望する仕事や企業にマッチするスキルや資格は大いに他者と比較する上で役に立つでしょう。また、以前仕事で経験したエピソードなども場合によっては、評価になります。

 

 さらに、どんな転職者でも+の評価となるのが「やる気」です。「やる気なんてみんなあるんじゃないの?」と言う方もいるかもしれませんが、このやる気を面接官にいかに説得力のある言葉で伝えるかが重要なポイントですので、この点も忘れずに押さえておきましょう。

 

関連記事

 

お役立ち情報
20代で仕事探しを始めようと思ったら読むサイト|転職活動術
20代から転職活動をするなら、まずは仕事探しから